1/
  • ¥8,888
  • ¥8,888
  • 休日・平日料金について

    休日・平日使用料について

    以下を「休日」と定義する

    • 土曜、日曜、国民の祝日、振替休日、国民の休日及び、以下の特別期間
      年末年始:2017年12月30日~2018年1月3日
      ゴールデンウィーク:2018年4月29日~2018年5月7日

    料金の計算方法

    • (1)開始・返却日時が同日(=日を跨がない)の場合
      • 使用日が平日の場合は平日料金、休日の場合は休日料金とする
    • (2)上記以外(=日を跨ぐ)の場合
      • 以下の計算に用いる期間は、開始日時から24時間単位(使用日数分)とする
        (例)開始日時1月1日19時~返却日時1月2日10時の場合、計算に用いる期間は1月1日19時~1月2日19時
      • 以下の(a)・(b)より計算される日数の大きい方を「平日の日数」としてカウントする
        (a)期間内の平日のうち、1日当たり13時間以上含まれる日数
        (b)[平日に該当する期間の合算時間÷24](小数点以下切り捨て)の日数
    使用料の例
  • -¥0

BLUEBIRD NISSAN 1971

ishiman
2
30代 男性 会社員 神奈川県
ワンオーナー管理47年。ナンバー「秋」のシングル表記
父親が初めて手に入れた車が、ブルーバードN510でした。
私よりも10歳年上のブルーバードですが、苦渋の選択で親父が手放すことを決めた時に、もし最後に乗ってくれるのならと言って息子の私に声をかけてくれました。
私自身も当たり前のように子供のころから乗り続けた車だったので、可能な限り持ち続けたいと考えましたが、「オモステ」「エアコンなし」という現代では考えられない装備のため、若干の二の足を踏んだのですが、ここまできれいに純正品で管理してきた父親と、思い出のつまった車だったので乗れる限りは乗ってあげようと引き受けました。
街を走行するたび、駐車場に入れるたび、信号待ちするたびに、ご年配の方に声をかけられます。

「きれいに乗ってるね~」「いい車だね~」「若いころ憧れだった車なんだよ」
「ボンネット開けて見せてくれない?」「大切にしろよ~」

さすがに信号待ちの助手席越しに声をかけられると若干焦ってしまいますが、この車が現代の街を走行しているだけで、誰かを懐かしくさせて、誰かを幸せな気持ちにしていることに気が付きました。

だから。

みんなに乗って欲しい。
あのころの思い出や憧れを是非、2018年の今。
体感してほしい。

当時の購入価格で登録してしまうと、正直なところ維持費すら出ませんので、現代の市場価値として登録しておりますので、もしかしたら管理者サイドからするとルール違反かもしれませんが、ワンーオーナーでここまで管理してきた「秋」(秋田)ナンバーをご理解のうえで、ご応募いただけると幸甚でございます。

一つだけ注意点があります。
フェラーリよりも目立ちますので、注目されるのが嫌な人はご応募されることをお控えくださいませ。


奥山
ETC
iPhone充電
Android充電
スマホクレードル
Bluetooth音楽再生
バックカメラ
障害物センサー
パワステ
エアコン
4WD
ルーフキャリア
ルーフボックス
サンルーフ
自動ブレーキアシスト
自動パーキングアシスト
クルーズコントロール
アダプティブクルーズコントロール
シートヒーター
ベビーシート
チャイルドシート
ジュニアシート
CDプレイヤー
イヤホン入力端子
DVDプレイヤー
後席モニター
喫煙
OK
ペット
NG
ガソリン補給
利用分のガソリン補給
損害発生時の
責任分担
帰責割合に応じて分担
キャンセルポリシー
キャンセル料発生
ドライバー本人の
確認方法
受渡時に免許証を確認
契約期間
6ヶ月
クルマの管理方法
オーナーが一元管理
ishiman
2
30代 男性 会社員 神奈川県
返答率
66 %
2 件 / 3 件
返答時間
12
時間以内
承認率
100 %
2 件 / 2 件
返答率、承認率について

返答率・承認率について

  • 返答率
    ドライバーからの問い合わせ・予約リクエストに対して【24時間以内】に返答した割合です。
  • 返答時間
    ドライバーからの問い合わせ・予約リクエストに対して24時間以内に返答したもののうち、初回の返答までに掛かった平均時間の目安です。
  • 承認率
    予約リクエストに対して、オーナーが承認した割合です。
    なお、承認後にオーナーがキャンセルをした場合は却下数に含みます。
電話番号
Facebook
メール
車検証
2018年 9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
N510ブルーバード
非改造のほぼ純正車両です。
親父が大切に47年間ワンオーナーで維持してきたのでナンバープレートが目立ちすぎる「秋」のシングル表記(秋田)。
走っているとよく「懐かしいねぇ~」と声をかけられます。
いつまで走れるかわからない車両だからこそ、元気な内にたくさんのひとに楽しんでもらえれば、ブルーバードも喜ぶと思い登録しました。
レビュー 2
5.0
やり取りの丁寧さ 5.0
時間の正確さ 5.0
クルマの管理状態 5.0
tack さん
30代 男性 流行のテレワーク社員
私が生まれる前に父も乗っていたという510ブルーバード。
もう40年以上前のことだというのも不思議な感じですが、そのクルマに現代でもこうして乗れるというのも奇跡でありAnycaの醍醐味だと思います。
車両も状態が良く楽しませてもらえましたが、本当によく写真を撮られ、声をかけられました^_^

クーラー、パワステ、パワーウインドウの無いクルマですが、久しぶりに料金所手前でアタフタする感じも思い出しました。

平成最後の夏に古き良き昭和の夏も味わえた気分です。

この度は貴重な体験をありがとうございました。

オーナー様もとても人柄が良く、気持ち良くやり取りが出来ました。

また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
Hiroki さん
20代 男性 会社員
とても気さくで車の扱い方について丁寧に教えていただきました。

どこを見ても惚れ惚れしてしまう程カッコよく、ハンドルを握りしめて自分で操っていることが誇らしくて仕方ありませんでした。

燃費も今の車にひけをとらないくらいには良く、アクセルやシフトの操作を通して感じられるダイレクト感がたまりません。

ドラムブレーキでパワステ無しということで、現代の車と勝手は違いますが、割とすぐに慣れます。

旧車は好きだけど、乗ったことがない人は是非乗ってみてください。
欲しくなります。
もっとレビューを見る