1/
  • ¥10,000
  • ¥6,500
  • 休日・平日料金について

    休日・平日使用料について

    以下を「休日」と定義する

    • 土曜、日曜、国民の祝日、振替休日、国民の休日及び、以下の特別期間
      年末年始:2017年12月30日~2018年1月3日
      ゴールデンウィーク:2018年4月29日~2018年5月7日

    料金の計算方法

    • (1)開始・返却日時が同日(=日を跨がない)の場合
      • 使用日が平日の場合は平日料金、休日の場合は休日料金とする
    • (2)上記以外(=日を跨ぐ)の場合
      • 以下の計算に用いる期間は、開始日時から24時間単位(使用日数分)とする
        (例)開始日時1月1日19時~返却日時1月2日10時の場合、計算に用いる期間は1月1日19時~1月2日19時
      • 以下の(a)・(b)より計算される日数の大きい方を「平日の日数」としてカウントする
        (a)期間内の平日のうち、1日当たり13時間以上含まれる日数
        (b)[平日に該当する期間の合算時間÷24](小数点以下切り捨て)の日数
    使用料の例
  • -¥500

B-CLASS MERCEDES BENZ 2018

Max
0
40代 男性 会社員 東京都
スーリー のラックを積んでいます。
■ 特徴や魅力の詳細
2018年以降のB180は電動シートを搭載となったので、シートの調整等随分楽になりました。

一見Aクラスとは然程車両サイズは変わらないと思われがちだが、大きく異なるのは総容積と全高のあるスタイリング。広い室内空間とラゲッジスペースを確保しており、実用性も高いく、ミニバンやステーションワゴンに近いものと考えても良いかもしれません。質感も当然ベンツの他の車種と同じ水準を保ちつつ、走りの面でもAクラスに引けを取りません。

本車両はスーリー のキャリアを積んでおり、外に積める荷物は外に積み、室内空間を人専用空間として楽しめます。キャリーを積んでいるので、都内の旧式のタワー式駐車場への駐車は厳しいものの普通の平置きと新型のタワー駐車場は数多く存在するので特段大きな問題にはならないと思いますが、気になる方はキャリー無しのB180をお借りしてください。

一般オーナーのコメントは下記URLで参照できます。
https://www.carsensor.net/catalog/mercedes-benz/b_class/review/

A180もB180も同等のエンジンを搭載しており、燃費はJC08モードでB180は17.3 km/Lになります。
ETC
iPhone充電
Android充電
スマホクレードル
Bluetooth音楽再生
バックカメラ
障害物センサー
パワステ
エアコン
4WD
ルーフキャリア
ルーフボックス
サンルーフ
自動ブレーキアシスト
自動パーキングアシスト
クルーズコントロール
アダプティブクルーズコントロール
シートヒーター
ベビーシート
チャイルドシート
ジュニアシート
CDプレイヤー
イヤホン入力端子
DVDプレイヤー
後席モニター
喫煙
NG
ペット
NG
ガソリン補給
利用分のガソリン補給
損害発生時の
責任分担
帰責割合に応じて分担
キャンセルポリシー
キャンセル料発生
ドライバー本人の
確認方法
受渡時に免許証を確認
契約期間
6ヶ月
クルマの管理方法
オーナーが一元管理
Max
0
40代 男性 会社員 東京都
返答率
0 %
0 件 / 0 件
返答時間
-
時間以内
承認率
0 %
0 件 / 0 件
返答率、承認率について

返答率・承認率について

  • 返答率
    ドライバーからの問い合わせ・予約リクエストに対して【24時間以内】に返答した割合です。
  • 返答時間
    ドライバーからの問い合わせ・予約リクエストに対して24時間以内に返答したもののうち、初回の返答までに掛かった平均時間の目安です。
  • 承認率
    予約リクエストに対して、オーナーが承認した割合です。
    なお、承認後にオーナーがキャンセルをした場合は却下数に含みます。
電話番号
Facebook
メール
車検証
2018年 7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
都内在住都内勤務の一般的なサラリーマンです。
二児の父で親戚訪問と郊外への旅行に車を使ったりします。自宅駐車場が小さいため小型外車を所有するものの、時には大きめのの車が必要となります。
大型普通と大型二輪の運転免許証も取得しており、車両サイズによる車の特性は把握しており、安全運転に役立ています。