重要事項等説明書

【Ⅰ. ご契約の概要】

本保険は損保ジャパン日本興亜を引受保険会社とし、株式会社 DeNA SOMPO Mobilityを保険契約者(以下、「保険契約者」といいます。)、保険契約者が指定した方(運転者ご本人)を記名被保険者とする一般包括契約です。

当社は、損保ジャパン日本興亜の代理店として、損保ジャパン日本興亜との委託契約に基づき、保険契約の締結・契約の管理業務等の代理業務を行っております。したがいまして、当社と有効に成立したご契約については、損保ジャパン日本興亜と直接締結されたものになります。また、当社の業務委託先である株式会社 DeNA SOMPO Mobilityは、損保ジャパン日本興亜の代理店として、各種お問い合わせを承ります。なお、事故受付時の業務は損保ジャパン日本興亜が行います。

契約概要のご説明

保険商品の内容をご理解いただくための事項です。
本保険に関するすべての内容を記載しているものではありません。詳細については「時間単位型自動車保険約款(2020年1月版)」をご確認ください。

【Ⅱ.用語のご説明】

主な用語と略称のご説明は次のとおりです。
その他の用語については、「時間単位型自動車保険約款」をご確認ください。

1. 記名被保険者

運転免許証(仮運転免許証を除きます。)をお持ちの方1名で、「事前登録情報」画面で借用自動車を運転される方として設定された方をいいます。

2. ご親族

6親等内の血族、配偶者または3親等内の姻族のことをいいます。

3. 自己負担額

保険金をお支払いする事故が生じた場合に、被保険者に自己負担いただく額をいいます。

4. 借用自動車

「借りるお車の登録」画面で「借りるお車」として登録をしたお車(お車の用途車種が自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)であるお車をいいます。)をご契約の借用自動車とします。ご契約のお車を特定するために、加入時に借りるお車の「登録番号(車両番号)」を登録いただきます。ただし、次のいずれかに該当する方が所有する自動車を除きます。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 臨時被保険者またはその配偶者
  • ※1所有権留保条項付売買契約により購入した自動車、および1年以上を期間とする貸借契約により借り受けた自動車を含みます。
  • ※2「時間単位型ドライバー保険の臨時被保険者に関する特約」を付帯したご契約で、かつ、その臨時被保険者が運転中の場合に限り、借用自動車には含めません。

5. 配偶者

婚姻の相手方をいい、内縁の相手方※1および同性パートナー※2を含みます。

  • ※1内縁の相手方とは、婚姻の届出をしていないために、法律上の夫婦と認められないものの、事実上婚姻関係と同様の事情にある方をいいます。
  • ※2同性パートナーとは、戸籍上の性別が同一であるために、法律上の夫婦と認められないものの、婚姻関係と異ならない程度の実質を備える状態にある方をいいます。
  • (注)内縁の相手方および同性パートナーは、婚姻の意思(同性パートナーの場合は、パートナー関係を将来にわたり継続する意思)をもち、同居により婚姻関係に準じた生活を営んでいる場合に限り、配偶者に含みます。

6. 被保険者

保険契約の補償の対象になる方をいいます。

7. 普通保険約款

ご契約いただいた保険契約の標準的なご契約内容などを定めたものをいいます。

8. 保険金

自動車事故により損害が生じた場合などに、保険会社が被保険者または保険金請求権者にお支払いする補償額のことをいいます。

9. 保険料(保険料相当額)

ご契約いただく保険契約の内容に応じて、保険契約者にお支払いいただく金銭のことをいいます。

10. 用途車種

登録番号標、車両番号標または標識番号標上の分類番号、色等に基づき損保ジャパン日本興亜が定めた、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、二輪自動車、原動機付自転車等の区分をいいます。

(注)ダンプ装置がある場合などは、自動車検査証などの記載内容と同一であるとは限りません。

11. 臨時被保険者

記名被保険者の承諾を得て借用自動車を運転する方をいいます。

【Ⅲ.契約締結前におけるご確認事項】

1. 商品の仕組み

時間単位型自動車保険では、記名被保険者が借用自動車を運転中に発生した事故に対して保険金をお支払いします。

(1) ご契約プラン

次のプランとなります。プランは保険期間を通して同一とします。

<相手への賠償>
  • ● 対人賠償責任保険無制限
  • ● 対物賠償責任保険無制限
  • ● 対物全損時修理差額費用特約あり
<ご自身・同乗者の補償>
  • ● 人身傷害保険3,000万円
  • ● 人身傷害入通院定額給付金10万円
  • ● 人身傷害死亡・後遺障害定額給付金特約1,000万円
<お車の補償>
  • ● 借用自動車の車両復旧費用特約300万円(自己負担額10万円)
  • ● 借用自動車のロードアシスタンス特約あり
  • ● 借用自動車の事故時代車費用特約5,000円/日(30日限度)

(2) 補償の重複に関するご注意

借用自動車の自動車保険や、記名被保険者または記名被保険者のご家族がご契約している自動車保険がある場合、補償が重複することがあります。補償が重複すると、対象となる事故について、どちらの保険契約からでも補償されますが、いずれか一方の保険契約からは保険金が支払われない場合があります。

【他の自動車保険から保険金が支払われる例】
  • 記名被保険者の同居のご親族の自動車を借りた場合で、同居のご親族の自動車保険に補償される運転者の範囲が設定されていないとき
  • 友人の自動車を借りた場合で、記名被保険者またはそのご親族の自動車保険に他車運転特約※が付帯されているとき

    特約の補償内容等については、保険会社により異なります。詳しくはご契約の保険会社にお問い合わせください。

(3) 記名被保険者の設定

都道府県の公安委員会が交付する日本国内で有効な運転免許証(仮運転免許証を除きます。)をお持ちの方※1名で、かつ「事前登録情報」画面で借用自動車を運転される方としてご契約された方が記名被保険者となります。

普通自動車を運転することができる運転免許をお持ちの方に限ります。

(4) 対象となる借用自動車

「借りるお車の登録」画面で「借りるお車」として登録をしたお車(お車の用途車種が自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)であるお車をいいます。)をご契約の借用自動車とします。ご契約のお車を特定するために、加入時に借りるお車の「登録番号(車両番号)」を登録いただきます。ただし、次の自動車を登録することはできません。

  • 記名被保険者またはその配偶者が所有する自動車※1
  • レンタカー※2(カーシェアリングを含みます)
  • 分類番号が8で始まる自動車
  • 車検切れの自動車や一時抹消をしている自動車
  • 実在しない自動車
  • 運転する予定のない自動車
  • 損保ジャパン日本興亜が別に定める高額な自動車
  • ※1所有する自動車には、所有権留保条項付売買契約により購入した自動車および1年以上を期間とする貸借契約により借り入れた自動車を含みます。
  • ※2道路運送法(昭和26年法律第183号)第80条(有償貸渡し)第1項に基づき業として有償で貸渡しすることの許可を受けた自家用自動車をいいます。後日、借用自動車の対象外となる自動車でご契約された事実が判明した場合は、ご契約を取り消し、保険金をお支払いできないことがあります。その場合、ご契約内容につきまして、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜からお客さまや借用自動車の所有者に対して直接確認をさせていただくことがあります。

2. 通信に関する事項

(1) 通信環境

電波の安定した環境にてご契約のお手続きを行ってください。通信状況によりご契約のお手続き完了前に接続が切れてしまった場合は、ご契約のお手続きが有効に成立していない場合があります。お手続き状況をご確認いただき、未成立の場合は、最初からご契約のお手続きをやり直してください。

(2) パケット通信料

ご契約のお手続きを行う際に発生するパケット通信料は、お客さまのご負担となります。

(3) 通信トラブル時の取扱代理店および損保ジャパン日本興亜の責任

保険契約者、取扱代理店および損保ジャパン日本興亜の責によらない通信手段、端末障害等により、インターネットでのお申込みが遅延または不能となったためにお客さまに生じた損害につきましては、取扱代理店および損保ジャパン日本興亜は責任を負いません。また、通信経路での盗聴等により、保険契約情報等が漏えいしたためにお客さまに生じた損害につきましても、取扱代理店および損保ジャパン日本興亜は責任を負いません。その他については日本国内の法令によります。

3. 基本的な補償および主な付帯サービス等

(1) 基本的な補償内容

【保険金をお支払いする主な場合】
<相手への賠償>
  • 対人賠償責任保険
    記名被保険者が借用自動車を運転中の事故などにより、他人を死亡させた場合やケガをさせた場合は、法律上の損害賠償責任の額から自賠責保険などによって支払われるべき金額を差し引いた額について、1回の事故につき事故の相手の方1名ごとに、保険金額を限度に保険金をお支払いします。また、示談や訴訟・裁判上の和解・調停・仲裁に要した費用※1などもお支払いします。
  • 対物賠償責任保険
    記名被保険者が借用自動車を運転中の事故などにより、他人の自動車や物を壊した場合は、法律上の損害賠償責任の額について、1回の事故につき保険金額を限度に保険金をお支払いします。また、示談や訴訟・裁判上の和解・調停・仲裁に要した費用※1などもお支払いします。
  • 対物全損時修理差額費用特約
    対物賠償保険金をお支払いする事故において、相手の自動車の修理費が時価額を超え、被保険者がその差額分を負担した場合に、実際に負担した差額分の修理費に被保険者の過失割合を乗じた額について、50万円を限度に保険金をお支払いします。
<ご自身・同乗者の補償>
  • 人身傷害保険
    借用自動車に搭乗中の方などが自動車事故※2により亡くなられた場合やケガをされた場合に生じる逸失利益や治療費などについて、1回の事故につき被保険者1名ごとに、保険金額を限度に保険金をお支払いします。
<お車の補償>
  • 借用自動車の車両復旧費用特約
    借用自動車を運転中※3の偶然な事故による借用自動車の損害に対して、記名被保険者が負担された修理費※4または再取得費用※5を、300万円を限度にお支払いする特約です。
  • 借用自動車の事故時代車費用特約
    借用自動車の車両復旧費用特約のお支払いの対象となる事故により借用自動車に損害が生じた場合に、修理などで借用自動車を使用できない期間など所定の支払対象期間※6のレンタカー費用を、1日につき5,000円を限度にお支払いする特約です。ただし、損保ジャパン日本興亜の指定するレンタカー事業者のレンタカーを利用した場合に限ります。
  • 借用自動車のロードアシスタンス特約
    借用自動車を運転中※3の事故、故障またはトラブルにより走行不能となった場合に、レッカーけん引費用および応急処置費用を合計で、15万円を限度に保険金をお支払いする特約です。
  • ※1損保ジャパン日本興亜の同意を得て支出された費用に限ります。
  • ※2借用自動車の運行によって生じた事故や運行中の飛来中・落下中の他物との衝突などをいいます。
  • ※3駐車または停車中を除きます。
  • ※4修理費が借用自動車の時価額を超えた場合であっても、実際に負担した修理費とします。
  • ※5再取得費用は、「修理費」「代替自動車の再取得費用」「借用自動車の時価額」のいずれか低い額となります。
  • ※6お支払いの対象となる期間は「レンタカーのご利用開始日からその日を含めて30日」を限度とします。ただし、事故発生日などの翌日から起算して1年以内に限ります。
【保険金をお支払いすることができない主な場合】
<相手への賠償>
  • 対人賠償責任保険

    • 記名被保険者などの故意によって生じた損害
    • 次のいずれかに該当する方の生命または身体が害された場合に、それによって記名被保険者が被った損害

      • 記名被保険のご父母、配偶者またはお子さま
      • 記名被保険者の業務(家事を除きます。以下同様とします。)に従事中の使用人
    • 台風、洪水、高潮によって生じた損害

    など

  • 対物賠償責任保険
  • 対物全損時修理差額費用特約

    • 記名被保険者などの故意によって生じた損害
    • 次のいずれかに該当する方の所有・使用または管理する財物が滅失、破損または汚損された場合に、それによって記名被保険者が被った損害

      • 記名被保険者
      • 記名被保険のご父母、配偶者またはお子さま
    • 台風、洪水、高潮によって生じた損害

    など

<ご自身・同乗者の補償>

人身傷害保険

  • 被保険者の故意または重大な過失によってその本人に 生じた傷害
  • 無免許運転、酒気を帯びた状態での運転または麻薬・危険ドラッグなどの影響を受けた状態での運転により、その本人に生じた傷害
  • 被保険者が、借用自動車の使用について、正当な権利を有する方の承諾を得ないで借用自動車に搭乗中に生じた傷害
  • 被保険者の闘争行為、自殺行為、または犯罪行為によってその本人に生じた傷害

など

<お車の補償>
  • 借用自動車の車両復旧費用特約
  • 借用自動車の事故時代車費用特約

    • 記名被保険者、借用自動車の所有者などの故意または重大な過失によって生じた損害
    • 盗難によって生じた損害
    • 借用自動車に存在する欠陥、摩滅、腐しょく、さび、その他の自然消耗
    • 故障損害
    • 付属品(カーナビゲーションシステム、ETC車載器など)のうち借用自動車に定着されていない物またはタイヤの単独の損害(火災を除きます。)
    • 法令により禁止されている改造を行った部分品に生じた損害
    • 無免許運転、酒気を帯びた状態での運転または麻薬・危険ドラッグなどの影響を受けた状態での運転により生じた損害

    など

  • 借用自動車のロードアシスタンス特約

    • 記名被保険者、被保険者、借用自動車の所有者などの故意または重大な過失によって生じた損害
    • 盗難によって生じた損害
    • 雪道、ぬかるみ、砂浜などによるタイヤのスタック(空回り)やスリップなど単に走行が困難な場合に生じた損害
    • 無免許運転、酒気を帯びた状態での運転または麻薬・危険ドラッグなどの影響を受けた状態での運転により生じた損害

    など

<共通>

保険金をお支払いすることができない主な場合

  • 地震、噴火、津波、戦争、外国の武力行使、暴動、核燃料物質などによって生じた損害
  • 借用自動車を競技もしくは曲技(その練習を含みます。)のために使用すること、またはそれらを行うことを目的とする場所において使用することによって生じた損害
  • 記名被保険者の使用者の業務のために、その使用者の所有する自動車を運転している間に生じた事故による損害

など

(2) 自己負担額

借用自動車の車両復旧費用特約は、10万円の自己負担額が設定されます。

(3) 保険金額の設定

保険金額は、Ⅲ.1.(1)ご契約プランでご確認ください。

(4) 付帯サービス

ロードアシスタンスのサービスメニューとして、「レッカーけん引」、「応急処置」および「燃料切れ時の給油サービス」をご利用いただけます。詳しくは、「時間単位型自動車保険約款」に記載のロードアシスタンス利用規約をご確認ください。

(5) ご契約期間および補償の開始・終了時期

  • ご契約期間

    24時間単位で定めます。ただし、7日間(168時間)を限度とします。
    ご契約期間には1日型があり、利用期間に応じて次のいずれかを選択します。

    1日(24時間)/2日(48時間)/3日(72時間)/4日(96時間)/5日(120時間)/6日(144時間)/7日(168時間)

  • ご利用開始日時

    加入者証に表示された時刻をご利用開始時刻(保険責任開始時刻)とします。

  • ご利用終了日時

    ご契約期間経過後以降の最初の整数時とします。

    • (注1)ご利用期間は、お申込画面にて必ずご確認ください。
    • (注2)時刻は日本時間表示となります。
<ご利用終了日時の考え方>

ご契約期間を1日(24時間)とし、お申込み後すぐに補償を開始した場合のご利用終了日時は次のとおりです。

(例)ご契約期間とご利用開始日時・ご利用終了日時の関係

  • ご契約期間 1日(24時間)
    ご利用開始日時 2019年4月12日 9:15 ご利用終了日時 2019年4月13日 10:00
  • ご契約期間 3日(72時間)
    ご利用開始日時 2019年4月12日 9:30 ご利用終了日時 2019年4月15日 10:00

4. 保険料(保険料相当額)の決定の仕組みと払込方法等

(1) 保険料(保険料相当額)の決定の仕組み

保険料(保険料相当額)は、ご利用期間1日(24時間)あたり、2,000円になります。

(例)ご契約期間が5日(120時間)の場合、保険料(保険料相当額)は次のとおりです。
24時間あたりの基本保険料 (2,000円)×5日=10,000円

実際にお支払いいただく保険料(保険料相当額)については、お申込画面にてご確認ください。

(2) 保険料(保険料相当額)の払込方法

記名被保険者には、保険料に相当する金額を保険契約者に対し、お支払いいただきます。

5. 満期返れい金・契約者配当金

この保険には満期返れい金・契約者配当金はありません。

【Ⅳ.契約締結時におけるご確認事項】

1. 告知義務

告知義務は、「事前登録情報」画面等に掲載している次の事項となります。

  • 借用自動車の用途車種について
  • 借用自動車の所有者について
  • 借用自動車について

ご契約時にお申し出いただいた内容が事実と相違している場合は、ご契約を解除し、保険金をお支払できないことがありますのでご注意ください。

2. クーリングオフ(クーリングオフ説明書)

保険期間が1年を超えるご契約ではないため、クーリングオフの対象ではありません。

【Ⅴ.契約締結後におけるご注意事項】

1. 通知義務等

通知義務はありません。

2. 返還保険料等

ご契約を取り消した場合、返還保険料はご契約時の保険料(保険料相当額)全額となります。

ご契約期間を短縮した場合、返還保険料は短縮前と短縮後の差額となります。

【Ⅵ.その他ご留意いただきたいこと】

1. 保険会社破綻時等の取扱い

損保ジャパン日本興亜が経営破綻した場合または損保ジャパン日本興亜の業務もしくは財産の状況に照らして事業の継続が困難となり、法令に定める手続きに基づき契約条件の変更が行われた場合は、ご契約時にお約束した保険金・解約返れい金などのお支払いが一定期間凍結されたり、金額が削減されたりすることがあります。
ただし、この商品は損害保険契約者保護機構の補償対象となりますので、損保ジャパン日本興亜が経営破綻した場合は、保険金・返れい金などの8割まで(ただし、破綻時から3か月までに発生した事故による保険金は全額)が補償されます。損害保険契約者保護機構の詳しい内容につきましては、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。

2. 個人情報の取扱いに関する事項

損保ジャパン日本興亜は、本契約に関する個人情報を、保険引受・支払いの判断、本契約の履行、付帯サービスの提供、損害保険等損保ジャパン日本興亜の取り扱う商品・各種サービスの案内・提供、アンケートの実施、等を行うこと(以下「当社業務」と言います。)に利用します。また、下記①から④まで、当社業務上必要とする範囲で、取得・利用・提供または登録を行います。

  • 損保ジャパン日本興亜が、当社業務のために、業務委託先(保険代理店を含みます。)、保険仲立人、医療機関、保険金の請求・支払いに関する関係先、等に提供を行い、またはこれらの者から提供を受けることがあります。なお、これらの者には外国にある事業者等を含みます。
  • 損保ジャパン日本興亜が、保険制度の健全な運営のために、一般社団法人日本損害保険協会、損害保険料率算出機構、他の損害保険会社、等に提供もしくは登録を行い、またはこれらの者から提供を受けることがあります。
  • 損保ジャパン日本興亜が、再保険契約の締結や再保険金等の受領のために、国内外の再保険会社等に提供を行うこと(再保険会社等から他の再保険会社等への提供を含みます。)があります。
  • 損保ジャパン日本興亜が、国内外のグループ会社や提携先会社に提供を行い、その会社が取り扱う商品・サービスの案内・提供およびその判断等に利用することがあります。

なお、保健医療等のセンシティブ情報(人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪の経歴、犯罪被害事実等の要配慮個人情報を含みます。)の利用目的は、法令等に従い、業務の適切な運営の確保その他必要と認められる範囲に限定します。損保ジャパン日本興亜の個人情報の取扱いに関する詳細(国外在住者の個人情報を含みます。) グループ会社や提携先会社、等については損保ジャパン日本興亜公式ウェブサイト(https:// www.sjnk.co.jp/)をご確認ください。

3. 取扱代理店の権限

取扱代理店は、損保ジャパン日本興亜との委託契約に基づき、お客さまからの告知の受領、保険契約の締結、保険料の領収、保険料領収証の交付、契約の管理業務などの代理業務を行っています。したがって、取扱代理店とご締結いただいて有効に成立したご契約につきましては、損保ジャパン日本興亜と直接契約されたものとなります。

4. 加入手続きについて

Anycaアプリを経由してのお申込みとなります。

5. 重大事由による解除

次のことがあった場合は、ご契約を解除し、保険金をお支払いできないことがあります。

  • 損保ジャパン日本興亜に保険金を支払わせることを目的として損害または傷害を生じさせ、または生じさせようとしたこと。
  • 保険の請求について詐欺を行い、または行おうとしたこと。
  • 暴力団関係者、その他の反社会的勢力に該当すると認められたこと。
  • 上記のほか、①~③と同程度に損保ジャパン日本興亜の信頼を損ない、保険契約の存続を困難とする重大な事由を生じさせたこと。

【Ⅶ.問い合わせ先(保険会社等の相談・苦情・連絡窓口)】

● 取扱代理店

株式会社 DeNA SOMPO Mobility

● 引受保険会社

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

● 事故が起こった場合

事故が起こった場合には、損保ジャパン日本興亜にご連絡ください。また、保険金の請求を行うときは、保険金請求書に加え、普通保険約款に定める書類等をご提出いただく場合があります。

事故が起こった場合または故障・トラブルにより走行不能となった場合は、下記サポートセンターまでご連絡ください。

【時間単位型自動車専用窓口:事故・故障サポートセンター】


TEL: 0120-232-167
営業時間: 24時間365日


商品に関するお問い合わせは、下記カスタマーセンターまでお問い合わせください。

【時間単位型自動車保険カスタマーセンター】


TEL: 0120-515-366
営業時間: 平日・土日祝日 午前9時~午後5時(12月31日~1月3日は休業)


● 指定紛争解決機関

損保ジャパン日本興亜は、保険業法に基づく金融庁長官の指定を受けた指定紛争解決機関である一般社団法人日本損害保険協会と手続実施基本契約を締結しています。損保ジャパン日本興亜との間で問題を解決できない場合は、一般社団法人日本損害保険協会に解決の申し立てを行うことができます。

【窓口:一般社団法人日本損害保険協会「そんぽADRセンター」】


TEL: 0570-022808(通話料有料)
受付時間: 平日 午前9時15分~午後5時(土・日・祝日・年末年始は休業)


詳しくは、一般社団法人日本損害保険協会のホームページをご覧ください。(http://www.sonpo.or.jp/

承認番号:SJNK19-80441(2019年12月1日作成)