1/
  • ¥9,900
  • ¥9,900
  • 休日・平日料金について

    休日・平日使用料について

    以下を「休日」と定義する

    • 土曜、日曜、国民の祝日、振替休日、国民の休日及び、以下の特別期間
      年末年始:2016年12月30日~2017年1月3日
      ゴールデンウィーク:2017年4月29日~2017年5月7日

    料金の計算方法

    • (1)開始・返却日時が同日(=日を跨がない)の場合
      • 使用日が平日の場合は平日料金、休日の場合は休日料金とする
    • (2)上記以外(=日を跨ぐ)の場合
      • 以下の計算に用いる期間は、開始日時から24時間単位(使用日数分)とする
        (例)開始日時1月1日19時~返却日時1月2日10時の場合、計算に用いる期間は1月1日19時~1月2日19時
      • 以下の(a)・(b)より計算される日数の大きい方を「平日の日数」としてカウントする
        (a)期間内の平日のうち、1日当たり13時間以上含まれる日数
        (b)[平日に該当する期間の合算時間÷24](小数点以下切り捨て)の日数
    使用料の例
  • -¥0

MR2 TOYOTA 1993

gts
0
40代 男性 会社員 京都府
ライトチューン仕様で高いドライビングプレジャー!
ドライバーとマシンとが完全に調和できる車として、パワーウエイトレシオは最も注目すべき点です。MR2は購入可能なスポーツカーの中で優れたコストパフォーマンスを誇ります。安価にライトチューンを施だけで、ひとつひとつのコーナーを駆け抜けるたびに心を高ぶらせる、ドライビングへの情熱が強烈に脈打つチーペストスーパーカー。
その核心となるのが、磨き抜かれたミッドシップエンジンコンセプトです。 ヤマハによって設計されたエンジン3S-GTEはターボチャージャにより傑出したパワー、直四ならでは回転フィーリングを備え、チューニングベースに最適な屈強。このエンジンを車両の中央付近にマウントすることで、優れた俊敏性とコーナリング性能を発揮します。適切なパワーウエイトレシオがもたらす優位性、そしてパワーを的確に路面へ伝えるシンプルでセットアップし易いシャシーによって、 ダイナミックかつ精緻な走りを意のままに愉しむことができます。
ひと目で視線を奪うMR2の独創的なエクステリアは、その際立つ個性を雄弁に物語ります。優れた質感が追求されたシルエットからはネオクラシックを感じざるを得ない。
あらゆるコーナーで放たれる俊敏な走りが、ドライバーの感性の全てをダイレクトに刺激します。
ETC
iPhone充電
Android充電
スマホクレードル
Bluetooth音楽再生
バックカメラ
障害物センサー
パワステ
エアコン
4WD
ルーフキャリア
ルーフボックス
サンルーフ
自動ブレーキアシスト
自動パーキングアシスト
クルーズコントロール
アダプティブクルーズコントロール
シートヒーター
ベビーシート
チャイルドシート
ジュニアシート
CDプレイヤー
イヤホン入力端子
DVDプレイヤー
後席モニター
喫煙
OK
ペット
NG
ガソリン補給
利用分のガソリン補給
損害発生時の
責任分担
帰責割合に応じて分担
キャンセルポリシー
キャンセル料発生
ドライバー本人の
確認方法
受渡時に免許証を確認
契約期間
6ヶ月
クルマの管理方法
オーナーが一元管理
gts
0
40代 男性 会社員 京都府
返答率
0 %
0 件 / 0 件
返答時間
-
時間以内
承認率
0 %
0 件 / 0 件
返答率、承認率について

返答率・承認率について

  • 返答率
    ドライバーからの問い合わせ・予約リクエストに対して【24時間以内】に返答した割合です。
  • 返答時間
    ドライバーからの問い合わせ・予約リクエストに対して24時間以内に返答したもののうち、初回の返答までに掛かった平均時間の目安です。
  • 承認率
    予約リクエストに対して、オーナーが承認した割合です。
    なお、承認後にオーナーがキャンセルをした場合は却下数に含みます。
電話番号
車検証
2017年 8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
MR2を初代から乗り継いでいます。
自動車は道具としての一面以外にも、運転する喜びを得ることの出来きるもので、趣味性を重視しております。
高効率を求めて、設計させる自動車の考え方がとても好きです。究極の自動車との間のバランスの途中にロードカーの素晴らしさがあります。
究極のレース車両もあれば、高額なハイパーカーのようなものもあれば、居住空間を重視するものや、生産効率、最近ではEVやPHVの様に環境への配慮される車等、様々で、それぞれの設計思想が大好きです。